ブログ

新たに社会保険労務士法人を立ち上げた人物のブログ
by jinjipartners
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2008年 11月
2008年 05月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
最新のコメント
おっしゃるとおりですね。..
by 士業勤務8年目より at 21:00
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
人口密度
先日、久しぶりに朝の通勤時間帯の電車に乗りました。普段は車で通勤、移動しているのであまり電車には乗らないです。特に朝の通勤時間帯の電車に乗ることは少ないです。


やはり、 つ、つらい・・・ ち、近い人との距離が・・・・


一瞬だけですが、世界で一番人口密度が高い場所のように思えました。(開催期間終了直前の愛知万博の帰りのリニモもかなり密度が高かったです。噂に聞いた話ですが、人を乗せすぎてリニモが坂を上れないことがあったそうです・・・)


どこかの国では車の数が多すぎるため、ナンバーの下一桁の番号ごとに運転できない曜日を定め、交通渋滞の緩和を図っているそうです。


たとえば月曜日はナンバーの下一桁が2、4、6の車は運転をしてはダメ、という感じです。



通勤ラッシュはとてもつらく、モチベーションを低下させる要因になると思います。しかし、これをモチベーションを向上させる施策に転換することができれば面白いのではないでしょうか。


例えば、

大きなプロジェクトを成功させた者や好業績者は1ヶ月間ないし一定期間、始業時間を遅くする

課長職以上は始業時間を遅くし、昇進のモチベーションを高める

毎月、第○○曜日は始業時間を遅くする

逆に始業時間を少し遅めの10時等に設定し、半期もしくは年間の人事考課結果がC、D評価の者は9時出社にする



と、いろいろやり方はあると思います。


毎日、全社員が同じ始業時間に揃っている必要性がある職種、企業では上記の取り組みは難しいでしょうが、そのような企業は少ないと思います。


朝、ゆっくりと起床し、すいている電車で出社する。優越感みたいなものを味わうことができ、心のゆとりができると思います。そのちょっとした心のゆとりがあれば、良いアイデアが浮かんだり、より良い仕事ができるのではないでしょうか。

また、企業アピールやリテンション(社員のつなぎとめ)にも活用できるのではないでしょうか。
[PR]
by jinjipartners | 2008-05-27 17:45
Generation
自分の父親と同世代、又はそれに近い世代の諸先輩方の話を聞かせていただくと、自分の世界観、ものの見方の狭さを感じさせられます。


それは経験値や、蓄積された知識量が異なるからでしょう。


しかし、活きてきた時間が違うのだから仕方のないことである、と納得してよい事なのでしょうか?短い時間の中でも密度の濃い活き方をしていれば同じような経験値や知識を得ることができたのではないでしょうか。もしくは、もっと諸先輩方に近づけていたのではないでしょうか。


ためになる話を聞き、感心すると同時になにか悔しく、むなしい気持ちを感じました。


結果論かもしれませんが、もっと色んな経験や知識を得る時間を作ることができたのではないかと、振り返ってしまいました。


過ぎた時間は戻せませんが、反省点を見つける事はできます。それをこれからに活かす事で過ぎ去った時間にも感謝できます。


だから、時間を無駄にせず、たくさんのものを感じることができる謙虚さと、辛い出来事を乗り越える力強さを自分の中に植えつけよう、そう胸に誓いました。


そして、私の次の世代にも、私が感じ、見てきた世界を伝えていきたいと思いました。
[PR]
by jinjipartners | 2008-05-20 02:50