ブログ

新たに社会保険労務士法人を立ち上げた人物のブログ
by jinjipartners
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2008年 11月
2008年 05月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
最新のコメント
おっしゃるとおりですね。..
by 士業勤務8年目より at 21:00
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
信用
ビジネスでもプライベートでも信用が大切です。

時間や約束を守るということによって信用、信頼が生まれるかと思います。


当たり前のことですが、それが出来ていないことも見受けられます。


忙しい、後回し等々理由はあるかと思いますが、小さな約束でも守ることができなければ信用、信頼を失います。


企業の資産とは金銭、財務的なもののみでなく、のれん、信用、信頼などの目に見えないものあり、目に見えないものほど崩れやすく構築に時間を要するでしょう。


弊社のホームページには社長ブログと従業員ブログがあり、従業員ブログは月替わりで執筆担当を任せています。

直接業務に関係のない作業ですので、従業員に担当させる以上、私自身も毎月執筆することを約束として心掛けています。

とりあえず今回の更新でまるっと2年以上はなんとか継続できています。


信用、信頼の構築は一朝一夕にはできなことを胸に刻み、業務にまい進していきたいと思います。


今年一年、お客様、関係者様には本当にお世話になりました。細かな約束も守り信用、信頼を構築、継続することでお返しとさせて頂ければと思います。

来年も何卒よろしくお願い致します。

愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 代表社員 池田 隆充
[PR]
# by jinjipartners | 2015-12-14 13:08
年の瀬を前にして
年の瀬も押し迫ってきました。

このような状況の中、マイナンバー、年末調整、ストレスチェック(一定規模の事業所のみ)、派遣法改正等々の対応も迫られております。


まとまるときはまとまるのでしょうか。もう少し時期がズレていると落ち着いて対応できるのにとも思いますが、まとまっているからこそ、「やらねば!」という気持ちにもなるから不思議です。


立て込んだ時こそ、やるべきこと、今すぐやらなくてよいこと等々を整理し、順序良く取り組むべきです。複数事案が固まった時こそ、取り掛かる前の準備次第でその後の結果が大きく異なる思います。


やみくもに取り掛かると、漏れ、無駄が生じる可能性があります。

そうならないように、人事労務分野に関しましては弊社までご相談いただければ幸いです。

実務上のお手伝いまで、もしくは取り掛かる前の事前整理相談のみでの対応可能です。


後々大変なことになる前に、是非、一度弊社までご相談下さい。
よろしくお願い致します。

愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 代表社員 池田 隆充
[PR]
# by jinjipartners | 2015-11-10 12:30
補佐人
社労士法の改正により、弁護士とともにであれば社労士も補佐人として裁判所に出廷し、陳述できるようになりました。

ただし、労務管理や労働社会保険の分野に限定されていますが、業界として大きな前進であると思います。ご尽力していただいた方々にただただ感謝いたします。


リスクヘッジとして紛争に至る前に解決できるよう諸規程整備等をさせて頂いておりますが、人と人との間のことですので、紛争が起こってしまうこともあります。

そのような際に、紛争解決に少しでも役に立たせて頂けるようになったことは前向きにとらえるべきであると思います。


しかし、関与させて頂いても知識等が不足し、かえって関係者に迷惑をかけてはいけません。そのようなことがないようにしっかりと研鑽をしなければなりません。


大きな責務やリスクも伴うことですが、一人の社労士としてだけでなく、社労士業界全体・今後に関わってくることでもあるかと思います。


研修参加や専門書・判例などを読み込んで知識を習得し、しっかりと研鑽していきたいと思います。


愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 代表社員 池田 隆充
[PR]
# by jinjipartners | 2015-10-16 00:34
追いかけて確認する
最近、マイナンバー、派遣法、労働安全衛生等々の法改正が目白押しです。

企業の大小(従業員数等)、業種により対象外となるものもありますが、今一度自社が対象なのか否かを再確認する必要があります。


例えば労働安全衛生法の改正、ストレスチェック制度の適用対象ですが、企業全体ではなく、支店・各事業所単位で常時使用労働者50人以上の事業所等が対象となります。

この点でもすでに企業全体なのか、支店等の各事業所単位なのか、これによって対象か否かが変わってきます。

さらに常時使用労働者50人以上についても、この中には派遣されてくる派遣労働者も含みます。
常時「使用」であり、常時「直接雇用」ではないのです。


そして、事業場ごとに法改正の対象か否かの判断後に、具体的に誰にストレスチェックを受けさせる義務があるのかを検討します。具体的には直接雇用で社会保険に加入している労働者です。

対象事業か否かの判断である50人には派遣労働者や短時間労働者も含むのですが、具体的な受診義務対象者とは異なるのです。



う~ん、ややこしいですね。でもこのことを確認しないと、まず企業として義務があるのか、義務があっても誰に受診させるのかといった判断が異なります。

法改正を追いかけるのみでなく、中身を吟味していく必要があるのです。


ただ、日ごろから労働法関係の分野に携わっていれば把握しやすいのですが、そうでなければここまで細かいことを把握することは困難でしょう。

そのような際は、是非弊社をご用命して頂ければと思います。

弊社は法人化しており、複数人で運営しておりますので、細かなところまで手が届くと思います。

是非、よろしくお願い致します!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 代表社員 池田 隆充
[PR]
# by jinjipartners | 2015-10-05 19:05
タイミング
昨今マイナンバー制度が話題に上がることがとみに多くなってきました。

ずっと前から取り組んでいらっしゃる方、企業もあります。

従業員数が多いほど、やはり前もって取り組まれたほうが良いかと思います。


ただ、いまだ取り組まれていない企業でも、まだ間に合います。

慌てずにスケジュールを立て、体制を組み、取り掛かられると良いかと思います。


とはいっても一つだけは早々に取り組まれたほうが良いこともあります。

それは、以下2つの従業員へのアナウンスです。

・マイナンバーが各人のお手元に届くようにしていただくことと
・厳重に保管していただこと

です。


上記アナウンスは9月中に済ますことをお勧めいたします。

なぜなら、10月5日時点での住民票住所にて、マイナンバーが付番されるからです。

住民票住所と現住所が一致していれば特に問題は無いのですが、不一致かつ住民票住所に他人が住んでいる、もしくは誰も住んでいないといった場合は、ご自身のマイナンバーがお手元に届かない状態になってしまうおそれがあるからです。

そのような場合は住民票の異動等の手続きを要し、その時間が必要となるからです。


何事にもタイミングがあり、タイミングを逸してしまうと後々大変な事態になることがあります。


マイナンバーに限らず、タイミング、チャンスに対しては積極的に向かっていきたいです。


また、マイナンバー制度に関してお困りであれば、是非弊社までご一報下さい。

よろしくお願いいたします。


愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 池田
[PR]
# by jinjipartners | 2015-09-17 21:30
成長
お盆休み中、子供が自転車に乗れるよう練習に付き合いました。

何とか一人で乗れるようになり、ホッと一安心です。


心掛けたのはなるべく手は出さないように、です。


「任せる」と似ているのかもしれません。

人の成長には「任せる」が必要なのでしょう。頭ではわかっていたのですが、実感しました。


そして、「任せる」ができないのは、管理者の責任なのかもしれません。そうも感じました。



最初は練習を嫌がっていた子どもが自転車に乗れるようになり、「自転車って面白いね」といっていました(笑)。


愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 池田
[PR]
# by jinjipartners | 2015-08-17 17:52
言葉の数
コミュニケーションツールとして言葉、会話は日常生活はもちろんビジネスでも重要なものになります。

重要であるがゆえにできてあたりまで、言葉をうまく使えないとマイナスのイメージを与えてしまいます。


報連相のなかの報告では、結論から話す、要点をまとめてから話す、等が求められます。そのように話すと、言葉数も少なくなります。


反対に言葉の数が多い報告では、聞く側にとっては結論が見出だせず、要点も不明瞭になってしまいます。


話す側で言葉数が多くなる心理としては、リスクヘッジのためにあれもこれも伝えておこうというものもあるでしょう。つまり、自信がないのでしょう。

お客様との打合せや、お客様への報告時に言葉数が多くなることもあり、そのようなときは自信のないときがあります。


ですが、とくに時間、スピードが重要なビジネスでは手短にかつ要点をまとめて話すことが求められます。


自信がなくても言葉数を少なくし、結論、要点を明確にすることが必要だと思います。


自分に強く言い聞かせ邁進していきたいと思います!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[PR]
# by jinjipartners | 2015-07-10 17:51
環境整備
労働環境を整備することは会社の責務です。

ただ、あまりに整った環境では、ハングリー精神とういうか向上心が減退するおそれがあります。


人間関係でいえば、先輩や上司が自分と合わない、簡単に言うと「イヤな」上司である場合の方が、上司が尊敬できる場合よりも、追いつき追い越せという気持ちが強くなるように思います。


人間とは不思議なものです。整った環境を求めハングリーに邁進していくのですが、環境が整ってしまうと向上心が薄らいでいきます。


すべての方が上記に様な考えに当てはまらないと思いますが、あながち外れてもいないと思います。


人も企業も成長していくためには常に負荷が必要なのでしょう。


負荷をおそれずに邁進していきたいと思います!!!!!!!!!!!


愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 池田
[PR]
# by jinjipartners | 2015-06-06 17:07
22時からの格闘
大学院の修論作成に本腰を入れないとならない時期になりました。

土日にまとめて仕上げ文量をかせぐ方法もあるのですが、土日も業務が入る場合があるため、空いた時間をこまめに作り、少しづつでも前にするめることも必要となります。


日中は業務を処理し、帰宅し少ない時間ですが家族と過ごし、そこから修論作成に取り掛かります。


その頃は22時近くになることが多いです。


22時からの論文との格闘です。また、眠気との格闘でもあります。


目指したいものがあり、そこに到達するために必要な負荷です。負荷をかけるから成長できるのだと思います。


目指すべきものが自分にあることはとても素晴らしいことです。



自宅付近のファミレスで作業中です。4杯目のコーヒーを飲み干したら今日は終了しようと思います。


愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 池田
[PR]
# by jinjipartners | 2015-05-11 23:01
分散と集中
日本のように依然として職能給が適した労働状況では、いくつものことを同時に処理せざるを得ません。

職務給が浸透している場合、その職務のみを担当すればよいのですが、日本では総務、営業、と一応 担当職種が決まっていても、その他の職種に関することもやらざる得ないことが多分にあります。

たとえば総務、といっても経理、庶務、営業事務等々を処理している現状をよく見受けられます。


このような状況のなかで、仕事のできる人のポイントは「分散と集中」のバランスを持っている点であるかと思います。

同時にいくつものことを手配、マネジメントでき、かつ優先順位や難易度が高いものを集中処理する、ということです。


しかしながら、一つのことに集中するとその他がおろそかになる人も見受けられます。


分散と集中ができる人がたくさんいる会社は伸びていくでしょうし、そのような会社のいわゆる番頭さんにはバランス感に優れた方が多いように思います。


適性もあるかと思いますが、経験と訓練でバランス感は磨かれるでしょう。

自分自身もさらに研鑽し、会社の中にバランス感の優れた人財をより多く育成したいと思います。


愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 池田
[PR]
# by jinjipartners | 2015-04-20 11:53