ブログ

新たに社会保険労務士法人を立ち上げた人物のブログ
by jinjipartners
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2008年 11月
2008年 05月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
最新のコメント
おっしゃるとおりですね。..
by 士業勤務8年目より at 21:00
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そろそろ・・・・
何が「そろそろ」かというと、『忘年会』が、です。

弊社の忘年会は通常であれば、いつもより美味しいものを食べ、いつもより美味しいお酒を飲むという、どこにでもあるスタンダードな忘年会です。

しかし、今回は趣向を変え、文化に触れた会にしたいと思っています。

幸い、弊社のある伏見は文化、芸術の街といっても過言ではないほど、さまざまな観劇施設等があります。

ミュージカル、歌舞伎、映画、プラネタリウム等々。

今年は、どれかを観劇、観覧をし、その後、それを肴に美味しいものを食べ、飲みにいきたいと思っています。

また後日談をお話しできればと思います。
[PR]
# by jinjipartners | 2011-10-06 23:48
高みへ
先日、とある異業種交流会でのスピーチでプロフェッショナルの定義を、持論ですが話させていただきました。

私の抱くプロの定義とは、次の3つの要件がすべて高い位置で揃っている、というものです。

1.専門知識・技能

2.自己の属する業界のみならずその他の業界での人脈

3.人間性

自分はプロ(専門家)としてはまだ研鑽を重ねなければならず、また経営者としてもまだまだ未熟であると認識しています。

でも、だからこそ、もっと自分を磨けば、さらに高いところまでいけるということです。

これからは自分磨きの余裕もなんとか少しはできそうです。さあ、やりますか!!!!!!!!
[PR]
# by jinjipartners | 2011-09-29 22:54
仕事とは=自分を映す鏡
仕事を通して、人となりが分かることがあります。

相手の立場に立って段取りができる、準備を怠らない、期限を守る、報連相をまめに行う、細かな約束もきちんと守る、等々。仕事上はあたり前のことかもしれませんが、これらの仕事ぶりから、一部かもしれませんが、その人を理解・把握できます。

反対に、いい加減な仕事、段取りの悪さ、細かなところに目が行き届かない大雑把さ、等々があると、本当はいい人かもしれませんが、そのように理解をすることは非常に少なくなります。

人は、仕事を通して人をみるのでしょう。社会人になれば特に。

まさに仕事は自分を映し出しているのです。

しかし、その事に気づかない人もいます。悲しくて寂しいことです。


私自身も過去に段取りが悪かったり、期限を守れなかったり等、仕事上で信頼を損ねることもありました。それなのに自分が良い人であると主張しても誰も理解してくれません。言い訳をすればするほど、人は離れていくでしょう。

仕事は情け容赦なく、等身大の自分を映し出し、それを隠すことを許しません。

仕事をしていくということは、常に自分自身を他人・周りにさらけ出していると、肝に命じ日々精進していきます。
[PR]
# by jinjipartners | 2011-07-18 00:38
事務所移転
先週の土曜日に事務所を移転しました。

→名古屋市中区栄1-15-6 サカエミヤシタビル 3A です。

以前の事務所から徒歩1分圏内での移転ですが、おかげさまで倍近くの広さになりました。(倍といっても以前が狭かったので・・・)

オフィスビル賃貸仲介のアーリーエステイト 大野さん、という方からの紹介物件です。賃料は以前とほぼ同額で、広さは倍!!!という、とっても素晴らしい物件を紹介していただきました。大野さんのホームページは以下になります。

http://www.earlyestate.co.jp/

今回は「少ない投資で最大の効果を得る!!!」 みたいな形になりました。大野さん、本当にありがとうございました。

大野さんの紹介みたいになってしまいましたが、事務所を移転した理由は、お客様へのサービスを向上させるためです。

そのためには、人員増が必要不可欠であり、スペースを広くする必要があったのです。

さあ、心機一転、これまで以上に精進しますので、皆様、今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
# by jinjipartners | 2011-06-03 20:03
流動と拠り所
会社を興して6年目に突入しようとしています。

その間、弊社スタッフも入れ替わりがありました。

終身雇用が崩壊し、転職することは自己のキャリアアップと捉える前向きな風潮も定着しているように見えます。(実際は異なるかもしれませんが・・・)

経営者としては、自分の会社に骨をうずめてくれる気概を持った社員は大歓迎です。しかし、実際の社員当人としては、自己のキャリア形成の一通過点なのかもしれません。(それを悪いと言うわけでありません。)

雇用の流動化、個人の価値観が多様化している中では、会社は「拠り所」である、という側面は否めないでしょう。

大きな会社とは、ふと立ち寄っている人が多い会社なのでしょう。立ち寄る人が多ければ、その中で、今居る場所を終着点としようと考える人も増えてくるでしょう。それが会社の基盤になり、会社を強固なものにするのでしょう。

ふと立ち寄れるような社風を作り、たくさんの人の拠り所となる環境の整備が重要なのでしょう。そして多くの人が会社に根を下ろしたくなるように会社にしていきたいです。(社風がしっかりとしていれば合わない人は出て行くので、環境を保つ事になるでしょう)

会社を大きくしたい、という想い、目標を達成するためのひとつの筋道のように思える今日この頃です。
[PR]
# by jinjipartners | 2011-05-20 14:09
中小企業緊急雇用安定助成金
助成金とは、一言でいうと「返済不要の資金」です。(不正受給による返還はありますが)

正しく、利用すれば大変価値があり、会社の運営に役立ちます。

その中でリーマンショック以降、良く使われている助成金が「緊急雇用安定助成金」です。
(中安金と略されたりします)

内容を簡略に説明しますと、業績が下降した際に発生する余剰人員の人件費補助、と捉えていただければ分かりやすいでしょう。

うーん、ちょっとまだ分かりづらいでしょうか?

つまり、余剰人員を辞めさせず、ワークシェアによってなんとか雇用を維持している会社を助成しますよ、というものです。考え方の流れを以下に記載します。

1人分の業務を数人で分けるので1人当りの業務量は減ります。
 ↓
業務量が減りますので、出勤日数を減らします。
 ↓
出勤日数が減るので給料も減ります。
 ↓
しかし、給料が減ると労働者の生活も困り、国からすると所得税、雇用保険料等が減ってしまいます。
 ↓
そこで、出勤日を減らしても、給料を補填する企業に助成金を支給するのです。


経営判断として、経営危機を人件費削減で乗越えることを選択する企業も有るでしょうが、国としては失業者を増やしたくないという想いもあります。

企業側としても採用経費を掛け、育ててきた社員を手放すのは、マイナスです。

人を減らし経営を立て直すことは即効性があるかもしれませんが、角度を変えて見たり、少し長い目で見ると判断が異なるでしょう。

当社では「緊急雇用安定助成金」の相談だけでなく、人事労務という切り口から経営に関する相談も賜っております。弊社だけで対応できない場合は、他士業、他業種の方と連携して対応させていただいております。

是非、弊社にご相談を!!!

ただし、不正受給やそれに関する相談は一切お断りしておりますので、何卒ご了承願います。
[PR]
# by jinjipartners | 2011-04-02 15:50
判断
弊社は小規模ながら、従業員4名を抱える事務所でございます。

日々お客様からの問い合わせだけでなく、弊社スタッフから「社長、どうしましょう?」と判断を仰がれる場面があります。

回数をカウントしたことはないのですが、ふと想いざっと数えて見ると、1日20回以上は問い合わせや質問を受け、何かしらの判断をしております。

私一人で開業した当初はこれほど日々判断することはなかったのですが。

このようなことから徐々にですが規模が拡大していることを実感いたしました。

判断を下すには、知識と経験が必要です。知識も経験もない場合はイマジネーションをし決断するしかありません。役職がつき判断を嫌がる方もいますが、判断をすることはとても良い訓練になります。

それは判断をするには知識、経験、想像力を要し、正しい判断のためには常にこれらをブラッシュアップしていかなければならないからです。

人を育成するためには責任を持たせ、判断業務を行わせることが有効なのもうなづけます。

弊社のスタッフにもそろそろ判断業務を移管していかなければなりません。

さらに規模を拡大し、質を高めるためにはこれが必要なんです。
[PR]
# by jinjipartners | 2011-03-08 10:29
「SAME」 釜
「SAME」 釜 = 「同じ釜の飯を食う」 = 親しい間柄→要は仲間みたいなもの。
→めんどくさい言い方しました・・・・すいません。

今日は特定社労士研修にて、同じグループになった皆さんと懇親会でした。

研修は約3ヶ月、土日祝をフル活用(朝から夕方まで)あり、結構な時間を共にしました。

それでも懇親会(お酒が入ると)以外な一面が垣間見え本当に楽しかったです。(お前が一番以外だよ!、と言われるかもしれませんが・・・)

共に苦しい時間を過ごした方々とゆったりとした時間を過ごす事ができ、本当に穏やかな気分になれました。

皆さんありがとうございました。

そんなこんなで、懇親会後、事務所に戻り、一人今後の打ち合わせ資料を作成しています。
フ~、なんとか一通り作成出来ました。

一通り? → これが大事なんです。

一気に作り上げる事も大事ですが、その後、間を置いて見返す。
ようはレビューできるか否かですが、レビューした資料はクライアントの意向に沿い、深みが増したものが出来上がります。

まずは一通り作ることが大事なんです。

さあ、レビューは明日行うので今日は帰りますか。

仕事にプライベートになかなか充実した一日でした。
ですので「SAME」 釜 →めんどくさい言い回しもご勘弁を。
[PR]
# by jinjipartners | 2011-01-28 23:33
達観
達観。意味を調べると以下のようになります。
「目先のことや細かなことに迷わされず、真理・道理を悟ること。俗事を超越し、さとりの境地で物事にのぞむこと。」

経営にも通じるところがあります。めまぐるしく経済環境が変化する中で、現在の事だけでなく、半年後、1年後、数年後を見越し、今何をやるべきか、どう行動するべきかを考えることです。

今、業績が好調で利益が出ていても、半年後には急変していることがあります。今、利益が出ていることの本当の要因を分析し、次の手を打たなければなりません。


「先々を見通す力」。経営者、リーダーの重要な資質のひとつでしょう。


俗事を超越できず、さとりの境地にはほど遠い私しですが、現状に甘んぜず、先々を考える事、であればなんとかできます。

多少背伸びをし、無理をしなければ会社を成長、大きくすることは難しいですが、背伸びをしたときこそ、先々の事をより慎重に考えたいと思います。
[PR]
# by jinjipartners | 2011-01-15 22:02
1/365
明けましておめでとうございます。本日は、平成23年、2011年のスタートである1月1日です。

年末から、クリスマス、大晦日、元旦など記念日的な日がつづきます。

記念日やそれを心待ちにする人を批判するつもりはありませんが、記念日も同じ1日です。そう365日の中の同じ1日なのです。

私がひねくれているからかも知れませんが、いつの間にか記念日に関心が無くなっており、この日が特別な日、と感じる日が少なくなっています。

毎日、同じ1日24時間で、この中でどれだけ自分が充実した日とすることができたのかを重視するようになりました。

起業してから、本当に毎日仕事があること、仕事をいただけている事に感謝しています。

もし特別な日をあえて作るなら、健康で、仕事を頂きそれをこなしている1日、1日が特別な日です。

なので大晦日、元旦だからといってあまり仕事を休む気になりません。(昼くらいまで寝たりと、多少ゆっくりしますが)

おかげさまで今年も忙しくなりそうです。さあ、もう少し仕事をして帰りますか。
[PR]
# by jinjipartners | 2011-01-01 21:29